【 退職代行ガーディアン 】 とは? Q&A形式で早わかり

人生の分岐点で悩む女性 、あなたならどっちを選ぶ?退職・転職・会社辞める?人生の岐路に立った時の選択

【買い忘れたモノ、明日必要!:Amazon ホームページへ

はじめに

 

『退職代行サービス』は何をしてくれる?

退職代行サービスとは、あなたが会社を退職したいと考えた時に あなたに代わって退職の処理を行ってくれるサービスのことです。

会社を辞めたいが、自分から直接言い出せない事情(上司が怖い、面倒だ、病気・ケガで何もできない など)がある方は、多少の出費をしてでも期待する結果を提供してくれる『退職代行サービス』の利用をお勧めいたします。

どんな事情や理由でも構いません。
退職代行サービスの利用は、通常の退職と何ら変わりません。
あなたが退職を会社に伝える行為を代行サービスに委任することは 完全に合法100%の行為であり、法律違反は一切ありません。
もし会社が “ 退職代行を使った退職は無効だから認めない ” などと主張しても、その主張自体が法的に誤りであり 認められません。

当記事で紹介している代行サービスの業者を利用すれば、最短でその日に退職が可能です。

任せて安心な退職代行サービス会社の社員たちのイラスト

 

ーーーーーーーーーーーーー

必要に応じて、退職代行サービス関連記事(以下)もお目通しください。
次の3点を知ることが出来ます。

  1. サービス利用のメリットとデメリットを簡潔に知る
  2. あなたに適したサービス(業者)を選ぶ基準を知る
  3. いわゆる「バックレ」と「退職代行」の違いを知る

 

あわせて読みたい

記事TOPイメージ画像:「退職代行」ってどんなサービス?退職代行 サービス とは? バックレではない!… 💀会社 もうムリ ⇒ 辞めたいときが 頼むとき こちら)では、退職代行サービスの利用に際して、グレーな業者を排除して安全かつ確実な代行サービス業者を選ぶ基準を、法令順守の点から徹底解説にてご案内します。

 

 

【 退職代行ガーディアン 】とは

当記事は、退職代行サービス業者である【退職代行ガーディアン】の理解を深める目的で書かれています。

当サイト(スロウ人のお悩み解消Site)にある退職代行サービス関連記事では、読者の方が現在置かれている状況に照らして、数ある退職代行サービス業者を3社に絞り込んでご案内しています

近年、週刊誌やニュース等の報道で問題となった(又は今後も問題となりそうな)悪質な代行サービス業者を排除して、選りすぐった上記3社のうちの1社が【退職代行ガーディアン】です

ガーディアンのホームページは
\\\ 画像をクリック
///

退職代行ガーディアン 労働組合法人 即日退職 料金 安い 有給消化 会社と交渉

 業界”最強”の【退職代行ガーディアン】退職代行の申込みは こちら


※ 当記事は【退職代行ガーディアン】の特集です。

ガーディアンのみご案内しています。
他の優良な退職代行サービスのご案内は ☞ こちら の記事を参考になさってください。

 

早わかり! 退職代行 Q&A

以下、Q&A形式で皆さまからのご質問に回答いたします。

 

Q:【退職代行ガーディアン】( 以下 “ ガーディアン ” と記載します)のホームページに、「労働組合法人」とあるのは何ですか? 退職代行を依頼するのに関係があるのですか?

画像:下向きの矢印

A:退職代行サービスの業者は、その形態を以下の3種に分けることが出来ます。

  • 弁護士法人
  • 労働組合法人
  • 弁護士が監修している株式会社等の法人

労働組合として活動する組合の中でも特に、労働組合法という法律条文の “ 第2条  労働組合の条件 ” を満たした労働組合を「法適合組合(ほうてきごうくみあい)」と呼びます。

ガーディアンはその「法適合組合」であり、あなたの会社に対して法律を後ろ盾とした交渉が可能です。
そのため、あなたの会社は「法適合組合」である労働組合法人ガーディアンからの交渉要求を拒むことは出来ません

相談窓口で話を聞く男女と説明するスタッフ

 

Q:弁護士が監修している株式会社等の法人」でも、労働組合を組織している退職代行サービスの業者があります。 ガーディアンとの違いは何ですか?

画像:下向きの矢印

A:違いは、上記のQ&Aにも記載した「法適合組合」であるかどうかです。
「法適合組合」でない場合は、労働組合法に定められている以下の権利保障(労働者=あなたを守るための労働組合としての権利)が法的に与えられません。

  • 民事免責
  • 刑事免責
  • 不当労働行為の救済(特にこれが大事)

そのため、 労働組合としての実態を備えていない名前だけの労働組合(単に名乗ることや 組織化するのは自由であり規制無し)は、あなたの会社に対して “ ◯◯さんが退職したいと言っています ” という、ごく簡単な事務連絡を行うことしか法律上許されません。

それ以上の行為である、

  • 未払い賃金や残業代の請求
  • 社規に定められた退職金制度の履行請求
  • 退職時の有休消化請求

等を行うことは、即 法律違反となります。

ガーディアンは、上記に挙げた会社への請求や交渉を「法適合組合」の有する団体交渉権という権利を行使して、あなたの会社に直接対抗することが出来ます

ひらめき、問題解決したビジネスマン 退職代行の選び方

 

Q:弁護士が監修している株式会社等の法人」の退職代行サービスの広告に、『法適合組合と提携してます!』と明記している業者がありました。 利用しても大丈夫でしょうか?

画像:下向きの矢印

A:弁護士が監修している株式会社等の法人」は、いわゆる株式会社という形態の法人であることが殆どです(これらは通常 一般企業であり、労働組合法人とは一線を画す普通の法人です)。

上記の様な株式会社法人の一般企業は、自社に労働組合の組織が無い場合でも、ご質問にある「法適合組合」と提携することによって、あなたの会社と交渉が必要なケースでは「法適合組合」が代わって交渉業務にあたります。
その場合も、あなたの会社は法律上 交渉要求を拒否出来ません。

ただし、提携先となっている「法適合組合」が 必ずしも交渉に長けた優秀な組合である保証はありません。
労働組合とは、労働者の各種権利を雇用者(会社)から厳然と守り切ることを本業とする非営利の組織であり、その交渉スキルは一朝一夕(いっちょういっせき)で磨かれるものでは無いため、満足のゆく結果が得られるかは未知数です。

疲れて落ち込んでいる男性会社員を、同僚が慰めているところ

 

Q:それでは、「労働組合法人」のガーディアンに依頼すれば会社との交渉ごとは安心して任せられるのですか?

画像:下向きの矢印

A:設立年度が古く交渉ノウハウの蓄積があり、法定の要件も満たしている「法適合組合」のガーディアンに依頼することで、前出Q&Aに挙げたような “ 名乗るだけの組合 ” や“ 経験の浅い法適合組合 ” よりも満足な結果を得られる可能性は格段に高まります。
ガーディアンの設立は1999年なので、組合の経歴としては問題無いと言えるでしょう。

また、労働組合を強調した 他の退職代行サービスと ガーディアンとの比較において、料金の高い・安いで決めることはお勧めしません。

数千円の差で、ガーディアンが備えている 法によるシッカリとした後ろ盾のある交渉力と 20年以上培われてきた交渉時のノウハウを、あなたの味方に出来るとお考えください。

ガッツポーズする男女 応援する

 

Q:退職時に有給休暇を消化して辞めたいのですが、会社側から “ 繁忙期の退職は迷惑だ。時季変更権に基づいて有給消化は拒否する ” と言われました。 忙しく働き続けて20日間以上も溜まっている有給消化を 諦めなければならないのでしょうか。

画像:下向きの矢印

A:時季変更権とは、労働者(あなた)が取得申請した有給休暇が会社の事業運営を妨げる恐れがある場合に、労働者に対して取得日を変更させることができる権利です。

結論から言いますと、時季変更権は退職予定日を超えて行使することはできません。
退職するということは、他の時季に有給休暇を与えることが出来ないので 時季変更権を行使することはできず、労働者(あなた)が有給休暇を消化して退職する という請求が通ることになります。

とはいえ、熟練した「労働組合法人」の退職代行サービスであれば、会社側に対して一方的に労働者の権利をゴリ押しせずに、調整的なコミュニケーションを図ってくれるでしょう。

現実的に 労働者側(あなた)のやるべきことことは、退職後における担当者レベルの業務に支障がでない様に 申し送りや引継ぎのメモを準備して、それを代行サービスを通じて会社にバトンを渡す、といった行動になるかと思われます(ただし、強制ではありません)。

そもそも、上記の様な労働基準法の基礎的な条文も理解せず運営している退職代行サービス(および担当者)が乱立しています。
退職代行をガーディアンへ委任することで 会社との交渉を臨機応変に対応して、あなたに対して都度「現在、交渉が難航しています」などという余計な中間報告を省くことが期待できるでしょう。

スーツをきちんと着込んだ若い男女が並んでサムアップしているイラスト。アクションの経過が良好だったり、結果が期待通りだった雰囲気を現したイラストです。

 

Q:ハラスメントが原因でうつを発症し、退職を決意しました。 退職代行サービスを通じて 会社や上司に退職意思を伝えようと思います。 後日、傷病手当金よりも給付が高額な労災認定を予定しています。 また、慰謝料請求も視野に入れており会社とは争う覚悟です。 どの退職代行サービス業者が適していますか?

画像:下向きの矢印

A:労災認定・慰謝料請求等の裁判上の争いを予定している場合は、労働組合法人 ガーディアンでは無く「弁護士法人」が運営する退職代行サービスの利用が適しています。

理由は、退職交渉の段階から原告となるあなたの状況(労働環境やハラスメント等の事実関係)を一つの弁護士法人が把握することで 効率的な情報収集による訴訟準備を行うことができ、実際の訴訟時にプラスとなるからです。
労働組合法人では、そもそも訴訟に関する業務を受任することは法律上出来ません

もし労災申請で労働基準監督署がハラスメントの事実を認定してくれた場合は、民事訴訟(裁判)ではそのことが有利な材料となり、会社に対して慰謝料請求が認められる可能性が格段に高まります。

労災 ⇒ 慰謝料請求といった一連の流れを 一つの弁護士(法人)に委任することによって時短と費用の節約となり、最終的にはあなたの大きなメリットになるでしょう。

会社が辛くて心が折れそうなOL

 

Q:アルバイト雇用です。 退職代行サービスを利用すると1週間分のアルバイト料がかかってしまうため、利用するか悩んでいます。

画像:下向きの矢印

A:弁護士が監修している株式会社等の法人」の中には、アルバイトの方向けの安価な料金設定を特別に設けている退職代行サービス業者があり、ガーディアンよりも低料金の場合があります。

ただし、「弁護士が監修している株式会社等の法人」の場合、業者の選択には注意が必要です。
警察や弁護士会からの注意喚起とトラブルがもっとも多いのが、上記の法人だからです。

スロウ人のお悩み解消Site』でご紹介している「弁護士が監修している株式会社等の法人」は、安価でかつ法律を守った運用で、あなたを確実に退職にまで導いてくれる事業者です。 特にアルバイト雇用の方には料金の点でお勧めいたします。

困ってる男性・女性 スマホで話す

 

Q:結局のところ、労働組合法人ガーディアンの利用が適しているのはどんな退職のケースですか?

画像:下向きの矢印

A:違法な長時間労働や、悪質なハラスメント以外の理由(労災や訴訟の予定なし)であれば、料金のメリットが大きい 労働組合法人 ガーディアンの利用が適しているでしょう。

ガーディアンは高い品質を保ちつつ、利用料金のメリットも強く訴えています(一律の料金設定と追加費用一切無し、など)。

安価とはいえ、会社との退職交渉に関して不安要素はありません。
労働組合法人には団体交渉権という法定の権利があり、あなたの会社は退職の交渉を拒否することが法律上 出来ないからです。

裁判上の争いに発展する要素が無ければ、労働組合法人 ガーディアンの利用は費用の点からもベストな選択と言えるでしょう

イラスト:相談して安心する女性

 

Q:公務員です。 退職時にガーディアンを利用しても良いでしょうか?

画像:下向きの矢印

A:公務員の方が退職する場合は、労働組合法人ガーディアンは対応不可となります。

公務員の退職については、労働基準法・民法よりも国家公務員・地方公務員に特化した特別法の適用が優先されます。
民間同士の労働契約に関する権利保護や紛争解決を前提とした 労働組合法人は、公務に従事する公務員は事務の範囲外であり、ガーディアンが公務員の方に対応不可の理由です。

以上のことから、公務員の方は 弁護士法人の退職代行サービス にご相談ください。

公的機関、独立行政法人、第三セクター 等の施設で「準公務員」という地位で働いている方は「みなし公務員」とも呼ばれ、労働組合法人ガーディアンでも対応可能です。

イラスト:突然のトラブルで驚いているビジネスマン

 

 

退職代行 【 ガーディアン 】へ申し込む

退職代行サービス利用に際して、退職の理由や事情が 他人から見て「そんな些細なことで…」と思われる内容でも、あなた自身の判断を優先しましょう。

退職代行とは、あなたの精神的・身体的負担を軽くするためのものです。

   ガーディアン のホームページは
\\\ ↓ 青字または画像をクリック
///

☞【労働組合法人ガーディアン】

退職代行ガーディアン 労働組合法人 即日退職 料金 安い 有給消化 会社と交渉

 

設立1999年という歴史があり、実績も豊富です。
設立して日の浅い法人は交渉ノウハウに欠ける懸念があるため、『スロウ人のお悩み解消Site』では労働組合法人の退職代行サービス紹介は、ガーディアンのみとしています。

料金が安くても本来的な労働組合としての要件に不安は一切ありません。
同業同種の代行サービスよりも、安心のまま退職まで導いてくれるでしょう。

 

参考:悪質な業者とのトラブル例

退職代行サービスの業者選びは、冷静・慎重さが必要です。

昨今、退職代行サービスは そのビジネスを大きく伸ばしてきました。
「退職代行」という業態に資格は不要なので、悪質な業者が乱立しがちです。

悪質な業者による代行トラブルは、週刊誌 等に掲載されたりテレビやネットニュース上に報道される機会が増えています。

 
トラブルの具体例

会社との退職交渉が難航した場合に、悪質な代行サービス業者は交渉を途中で放棄してしまい、あなた自身が会社と直接交渉せざるを得なくなるというトラブルが代表的なものです。

上記は、費用が全額無駄になるケースです(多くの場合 返金無し)。

さらに…

  • 追加料金を請求してくるケース
  • 追加料金支払い後も交渉は滞ったままで、“ 会社からの返答を待っています ” と嘘の報告をするケース
  • 会社との交渉が難航するとすぐに “ 困難なケースなので契約を解除したい ” などと申告してくるケース
  • “ 退職出来なければ無料(全額返金) ” と事前に説明があったにもかかわらず、料金を返さないケース

 

また、近年多いトラブルとして、もし代行サービス業者が

 “ あなたの家族ということにして会社とやり取りするので 話を合わせてください ”

などの提案をしてきたら、完全に違法であり まったく信用に値しない業者なので、即キャンセルしましょう。

“ 安いから… ” という理由だけで選ぶと失敗します。
悪質な代行サービス業者は、面倒なトラブルの火種となります。

イラスト:涙ながらに相談する女性

日々クヨクヨする環境とは 早くお別れしましょう。
あなたの次のステップが充実したものになるようお祈りしています。

『スロウ人のお悩み解消Site』
surounin.com

 

生活経済に関するシリーズ記事のご案内

リストラやハラスメントで退職を余儀なくされた方 …あなたの生活を困窮から救いたい!
そのための知恵をお伝えする記事のご案内です。
以下のジャンルを含む記事を書いております。

公的給付

・ 傷病手当金
・ 失業手当

医療関連制度

・ 自立支援医療制度
・ 障がい者手帳(= 精神障害者福祉保健手帳)
(2023年1月リリース予定)

税金/年金

・ 国民健康保険税
・ 国民年金保険料
・ 障害年金(2023年1月リリース予定)

傷病手当金・失業手当の受給申請ノウハウ を皮切りに、生活を安定させるための諸々の制度紹介に焦点を当てた記事をリリースして参りました。

今後も、お役に立ちながら寄り添う記事の執筆に努めますので どうかご期待ください!


今回もお目通し、ありがとうございました!
TOPロゴ画像:スロウ人のお悩み解消サイト❹↑ ↑ ↑
「surounin」をクリックすると総合サイトに飛びます ^^

【買い忘れたモノ、明日必要!:Amazon ホームページへ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA