早わかり版!【退職代行 サービス】分かりやすい説明 最速で理解 バックレではない!… 新しい会社の辞め方

仕事のし過ぎで体を壊して倒れる人

『退職代行サービス』の必要な情報だけを

※ この章は、読み飛ばしていただいて結構です

ご案内

『スロウ人のお悩み解消Site』では、退職代行サービスに関する記事を2種類 寄稿しています。
いずれも、退職で悩んでいる方が代行サービス業者を選ぶ際の注意点や、違法業者を利用した場合に遭遇するトラブルなどをご案内した上で、厳選した代行サービスを3社に絞ってご紹介している点は同じです。

ひとつ目の記事:

昨今「退職代行」という業態の法令違反がニュースや週刊誌等で多く取り上げられていることから、関連する法令との関係を前面に出して説明した内容となっています。


ふたつ目の記事(当記事です):

上記 ひとつ目の記事について、普段は法律に馴染みのない方や リスクの少ないお薦め代行業者の情報だけを分かりやすく知りたいという方からのお問い合わせ()が、10月中旬以降 多数寄せられたため、基本内容はそのままに 平易な言葉遣いと文字数を削除した改編版になります。

記事文末のコメント送信 及び Twitter のメッセージ、すべて拝読いたしました。ご要望・ご指摘をいただいた皆さま、ありがとうございました)

ーーーーーーーーーーーーー

必要に応じて、以下「ひとつ目」の退職代行サービスに関する記事もお目通しください

あわせて読みたい

記事TOPイメージ画像:「退職代行」ってどんなサービス?退職代行 サービス とは? バックレではない!… 💀会社 もうムリ ⇒ 辞めたいときが 頼むとき こちら)では、退職代行サービスの利用に際して、グレーな業者を排除して安全かつ確実な代行サービス業者を選ぶ基準を、法令順守の点から徹底解説にてご案内します。

 

 

『退職代行サービス』早わかり

 

どんなサービス?

退職代行サービスとは、あなたが会社を退職したいと考えた時に あなたに代わって退職の処理を行ってくれるサービスのことです。

会社を辞めたいが、自分から直接言い出せない事情(上司が怖い、面倒だ、病気・ケガで何もできない など)がある方は、多少の出費をしてでも期待以上の結果を提供してくれる『退職代行サービス』の利用をお薦めいたします。

どんな事情や理由でも構いません。
退職代行サービスの利用は、通常の退職と何ら変わりません。
(完全に合法100%の行為であり、法律違反は一切ありません)

当記事で紹介している代行サービスの業者を利用すれば、最短でその日に退職出来ます。

任せて安心な退職代行サービス会社の社員たちのイラスト

 

この記事で分かること

以下の3点です。

・サービス利用のメリットとデメリットを簡潔に知る
・あなたに適したサービス(業者)を選ぶ基準を知る
・いわゆる「バックレ」と「退職代行」の違いを知る

 

イラスト:相談して安心する女性

 

利用が適した人

  • 過酷な長時間労働で、体(心も)をこわす心配のある方
    または、すでにこわしている方
  • ハラスメント(パワハラ・セクハラ 等)で、うつ病などを発症する心配のある方
    または、すでに発症している方
  • ↑ これらの理由で入院中の方も含みます
  • 料金重視で退職代行を利用したい方(アルバイト雇用など)

 

イラスト:上司から怒られている部下

退職代行は、会社に対してあなたの代わりをすべて務めてくれるサービスです。

 

利用の注意点

  • もし誤った代行サービスを選択した場合は、最終的にあなた自身が退職手続きを会社に対して直接行うことになります。
    そして、支払った料金が無駄になります。
  • “ 退職出来なかったら料金は不要 ” と書いてあっても、料金を請求されたケースがあります。
    また、支払い済みの料金が戻ってこないケースもあります。
  • 代行サービス業者が、“ あなたの家族ということにして会社とやり取りするので、話を合わせてください ” という提案をもししてきたら、完全に違法であり まったく信用に値しない業者です(=近年多いトラブル)。
    即キャンセルしましょう。

 

イラスト:涙ながらに相談する女性

代行サービスの業者は、慎重に選ばなくてはなりません。

 

『 退職代行サービス 』のメリット・デメリット

 

 メリット

特に、ハラスメントが原因で退職する場合に 退職代行サービスの良いところを感じることができます。

例えば、

  1. 会社に出社する必要が無く、あなたが退職の意思を直接伝えることもありません
  2. ハラスメントの上司と顔を合わせることも無くなります
  3. 未払い給与・残業代・退職金の請求や、有給を消化したい場合は代行してくれます(ただし代行サービスの業者によります。詳しい説明は後ろの章で)
  4. 会社へ返すもの(パソコン、制服 など)と、会社から受けとるもの(離職票、雇用保険被保険者証 など)のやり取りをすべて任せることができます

もしあなたが、上司等から受けたハラスメントに対して、

  • 労災認定を考えている
  • 裁判を起こして慰謝料請求を考えている

そのような場合は、弁護士法人が運営する退職代行サービスの利用が適しています(詳しい会社名は「お薦め3社」の章で)。

退職手続きの流れから訴訟準備まで、あなたの心身の負担を最小限に抑えながらスムースに導いてくれるでしょう。
(弁護士法人以外の代行サービスでは、これらのサポートは法律で禁止されています)

 

会社が辛くて心が折れそうなOL


長時間労働に耐えられないなど、ハラスメント以外の理由で退職する場合も 退職代行サービスの利用を検討してみましょう。

例えば、

  • 毎日の長時間労働で体を壊しそう
  • 職場の雰囲気が自分に合わない
  • 転勤で実家から遠くなった(ご両親が心配など)
  • 会社の将来性に不安
  • ブラック企業である

退職の理由や事情が、人から見て「そんなことで」と言われるような内容でも、あなた自身の判断を優先しましょう。
退職代行サービスは、あなたの精神的・身体的な負担を軽くするためのサービスです。

悪質なハラスメントや、違法な長時間労働 以外の理由(労災や訴訟の予定なし)なら、料金のメリットが大きい 労働組合法人が運営する退職代行サービスの利用が適しています(詳しい会社名は「お薦め3社」の章で)。

料金が安くても、会社との交渉力にいっさい不安はありません。
確実に退職まで導いてくれるでしょう。

 

疲れて落ち込んでいる男性会社員を、同僚が慰めているところ


アルバイト雇用の方が退職する場合(料金重視なら、専用の料金設定がある代行サービスを検討しましょう。

例えば、

  • 代行サービスを利用したいが 費用をかけたくない
  • 退職の意思がアルバイト先にきちんと伝われば良い
  • 二度とアルバイト先に行きたくない(話したくない)

アルバイト雇用で 何万円もの代行サービス料金を払うのでは赤字です。

アルバイトの方向けの安価な料金設定のある弁護士が監修する法人が運営している退職代行サービスの利用が適しています(詳しい会社名は「お薦め3社」の章で)。

ただし、業者の選択には注意が必要です。
警察や弁護士会からの注意がもっとも多いのがこの業態です。
当記事で紹介する代行サービス業者は、法律を守った運用であなたを退職に導く事業者なので ご安心ください

 

困ってる男性・女性 スマホで話す

 

 デメリット

“ 費用がかかる ” ことです。

退職を会社に伝えることや 退職手続きを 自ら行えば0円ですが、代行サービスの相場は2万円~5万円台となっています(アルバイト雇用の方向けは、これよりも安い場合があります)。

また、代行サービスという第三者をはさむことで会社側と険悪になり、退職を受け入れてくれず 離職票雇用保険被保険者証(再就職に必須の書類です)などを送ってもらえないことがあります。

ただし、このような会社の態度は法律違反です。
適正な代行サービス業者を選べば、会社ともめるようなトラブルもあなたはノータッチでOKです。

不安なお気持ちは分かります。
でも、安心して一歩を踏み出してください。

ガッツポーズする男女 応援する

 

 

『退職代行サービス』利用時のトラブルは

代行サービス(業者)選びは、くれぐれも注意が必要です。

数年前から、退職代行業はビジネスとして業績を大きく伸ばしてきました。
『退職代行サービス』を名のるだけであれば資格は不要なので、悪質な業者が乱立します。

悪質業者との代行トラブルがニュースで報道されたり、ネット上に投稿される機会が今も増えています。

【トラブル例】

会社側が、あなたの退職を “ 認めない ” と言ってくるケースはめずらしいことではありません。
そのような場合に 悪質な代行サービス業者は 会社との話し合いを放棄してしまい、結局 あなた自身が会社と直接交渉せざるを得なくなるトラブルが数多く寄せられています。

これでは何のためにお金を払ったのか分かりません。

さらに…

  • 理由を付けて追加料金を請求してくるケース
  • 追加料金を払った後も手続きは滞ったままで、“ 会社からの回答待ち ” などとウソの報告をするケース
  • 時間がたってから、“ 会社と交渉が困難なので契約を取り消したい ” などと突然回答してくるケース
  • “ 退職出来なければ料金はいただきません ” と書いてあったにもかかわらず、料金を請求してきたり 前払い金を返さないケース

などです。

 

“ 安いから… ” といった理由だけで選ぶのは危険です。
繰り返しですが、代行サービスは慎重に選ばなければトラブルの元です。

イラスト:突然のトラブルで驚いているビジネスマン

適正な代行サービスを選べば、もし会社側が「退職代行を使った退職申し入れは違法だから 懲戒解雇扱いで退職金は払わない」などと言ってきても、はね返すことができます(悪質な業者や交渉の資格を持っていない業者は、その時点で業務ストップ あなたが自分で交渉しなければならない状況に)。

そして、そのような時こそ適正な資格を持つ退職代行サービスを使う意味があります。

あなたが、まだ会社から支払われていない

  • 給与
  • 残業代
  • 退職金

などがあれば、適正な退職代行サービスなら すべての交渉をあなたに代わって行ってくれます。
有給をすべて使って辞めたいという要求もOKです。

 

 

適正・安心な『退職代行サービス』とは

この記事を掲載する前に、退職代行サービスについて法律の面から十分な調査を行いました。

  • 元在籍していた会社の労働組合への聞き取り調査
  • 社内弁護士と代行サービスの問題点を洗い出し
  • 退職代行を実際に利用した元同僚達からの情報収集


そして、徹底して絞り込みました。
次の2つは、退職を決意したあなたの勇気を100% 生かせる代行サービスの形態です。

弁護士法人
   又は
労働組合法人

※ 安心・おすすめの代行サービス3社厳選の情報は次の章で紹介

相談窓口で話を聞く男女と説明するスタッフ

上記❶❷は、正社員の方が退職する場合にお薦めします。

上記❶❷以外で、

弁護士監修の法人

という形態があります。
こちらは価格のメリットを強く打ち出しており、費用をかけたくない人には助かります。

弁護士や労働組合とはちがい、一般企業(◯◯株式会社など)が運営している代行サービスなので、会社に対する交渉力は ❶❷よりも劣ります。
なぜなら、の代行業者は多くの場合 会社との交渉が法律上できないからです(ちょっとでも交渉した時点で法律違反)。

ただし、の代行業者の中には 労働組合法人のような形態を整えた業者も少数ですがあります。
安くても、安心で適正な代行サービス業者のみ 次の章で会社名をご紹介します

ひらめき、問題解決したビジネスマン 退職代行の選び方

 

 

安心『退職代行サービス』のお薦め(3社)

以下、絞り込んだ退職代行サービス❶❷❸です。
特に❶❷は、信頼性・実績ともに少しの不安もありません。

安心して利用を申し込んで大丈夫です。

ーーーーーーーーーーーーー

❶❷❸ 各社のホームページ
画像:下向きの矢印

弁護士法人

【弁護士法人みやび】の退職代行の問い合わせと交渉サービス

退職後(または在職中)に、ケガやうつの労災認定・ハラスメントの慰謝料などの申請や訴訟を予定している方は、弁護士法人の代行サービスが最適です。弁護士法人みやびの実績と交渉力で早期解決をめざしてください。

☟ クリック

広告:退職代行_みやび

ーーーーーーーーーーーーー

❷ 労働組合法人

 業界”最強”の【退職代行ガーディアン】退職代行の申込み

労災や訴訟に発展するような重い事情が無ければ、価格がリーズナブルな労働組合法人の代行サービスが最適です。安価でも十分なサポートと結果を得ることが出来ます。ガーディアンの労働組合としての歴史と実績は最高レベルと考えて良いでしょう。

☟ クリック

退職代行:ガーディアン

ーーーーーーーーーーーーー

上記のほか、アルバイト雇用の方 などが 料金のメリットで選択する場合は…

❸ 弁護士監修の法人

【弁護士監修の法人】もうムリだ!っと感じたら『モームリ』

『モームリ』自体は労働組合法人ではありませんが、「法適合組合」の労働組合法人と提携している代行サービス業者です。あなたの会社は退職交渉を拒否出来ません。料金とのバランスが魅力な退職代行サービスです。

☟ クリック

 

「バックレ」との違い

退職代行サービスの利用は、会社を「バックレ」ることと同じ意味ではありません。
『退職代行』は通常の退職となんら変わりません

退職代行を利用して会社を辞めるのは、法律違反でもなんでもありません。
会社に対して何か損害を与えたり、間違ったことをしているわけでもありません。
前の章で例として挙げたような、懲戒解雇にあたるようなこともまったくありません。

「バックレ」る行為とは、会社に対して “ 退職しますよ ” などと伝えないまま、ある日突然 逃げるように辞めることです。
あなたに「バックレ」られた会社は、それによって損害が発生することがあります(例えば、替わりの人を雇ったり 予定していたスケジュールの調整費用 など)。

そのことで、会社側があなたの退職をズルズルと引きのばすことがあるかも知れません。
その様な状況を避けるためにも、退職代行サービスの利用をお薦めしています。

日々くよくよしてしまう様な環境とは、早くお別れしていただきたいと願います。
あなたの次のステップが充実したものになるようお祈りしています。

『スロウ人のお悩み解消Site』
surounin.com

 

 

生活経済に関するシリーズ記事のご案内

リストラやハラスメントで退職を余儀なくされた方 …あなたの生活を困窮から救いたい!
そのための知恵をお伝えする記事のご案内です。
以下のジャンルを含む記事を書いております。

公的給付

・ 傷病手当金
・ 失業手当

医療関連制度

・ 自立支援医療制度
・ 障がい者手帳(= 精神障害者福祉保健手帳)
(2022年11月リリース予定)

税金/年金

・ 国民健康保険税
・ 国民年金保険料
・ 障害年金(2023年1月リリース予定)

傷病手当金・失業手当の受給申請ノウハウ を皮切りに、生活を安定させるための諸々の制度紹介に焦点を当てた記事をリリースして参りました。

今後も、お役に立ちながら寄り添う記事の執筆に努めますので どうかご期待ください!


今回もお目通し、ありがとうございました!
TOPロゴ画像:スロウ人のお悩み解消サイト❹↑ ↑ ↑
「surounin」をクリックすると総合サイトに飛びます ^^

【買い忘れたモノ、明日必要!