【続編②】リストラ・パワハラ 退職「失業手当」「傷病手当金」について知ろう! ~ 法改正のご案内 ~

イラスト:【続編❷】傷病手当金・失業手当(リストラ宣告で自殺の心配が…)

リストラ ・ パワハラ ⇒ 退職 を 公的給付で乗り切ろう!

本記事では、傷病手当金に関連した法改正をご案内します。

リストラ、パワハラ(セクハラも)で退職を余儀なくされそうな方… 公的給付(傷病手当金、失業手当)の受給を検討しましょう。

ーーーーーーーーーーーーー

前回の記事()では、公的給付の制度である傷病手当金の受給申請について 実践的な知識と具体的な手順をご案内しました。
傷病手当金の申請編」記事は こちら

今回は【続編②】です。
傷病手当金の根拠法令である社会保険法の2022年改正についてご案内します。

 

 

 

傷病手当金の新ルール(2022年1月から施行)

改正の内容についてご案内します。

現時点で すでに会社を休んで傷病手当金を受給されている方や、これから受給しようとしている方には朗報です。

 

 

法改正後の変更点は?

令和3年(2021年)12月末日までは、“ 支給開始から起算して1年6か月までが支給の対象期間 ” というルールでした。
しかし  令和4年(2022年)1月からは、通算して1年6か月に達する日まで支給対象となるようルールが変更されています。

 

 

 

すでに 令和4年1月1日よりも前から受給している方でも、支給開始日から起算して1年6か月を経過していない傷病手当金(令和2年7月2日以降に支給が開始された傷病手当金)であれば、新ルールが適用されます。

受給可能な期間が増えるので、より柔軟な所得保障ができるようになりました (^^)

傷病手当金 新ルール 令和4年 厚生労働省 政策について 支給期間 令和4年1月1日から健康保険の傷病手当金の支給期間が通算化されます引用:厚生労働省 >『令和4年1月1日から健康保険の傷病手当金の支給期間が通算化されます』

 

 

まとめ

・支給対象期間が 2022年1月からは、「起算して1年6か月」⇒「通算して1年6か月」にルール変更

 

 

 

「傷病手当金」について知ろう!【続編③】のご案内

以下、傷病手当金【続編③】のご案内です。

傷病手当金を中心に、さらに諸々の制度を利用してコストを抑えてゆく方法があります。

また、傷病手当金を期間中  安定・継続して受給するために  必ずやるべきこと・絶対にやってはいけないことがあります。

【続編③】リストラ・パワハラ退職「失業手当」「傷病手当金」 について知ろう!受給中の正しい過ごし方編では、申請に成功した方を さらにサポートする知識を提供してゆきますので、ぜひご一読ください。


今回もお目通し、ありがとうございました!


↑ ↑ ↑
「surounin」をクリックすると総合サイトに飛びます ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。